床をトイレリフォームする場合のポイント

トイレリフォームをする際、タンクレスタイプへの交換をするのであれば、床の張り替え作業が必要になる場合もあります。毎日使用することで、水が付着するだけでなくアンモニア臭も出てきます。用途に合った床材選びや施工も欠かせない作業となります。

■床材選びに関する情報

長期的に快適な使用をするためには、用途に合った床材選びをすると良いでしょう。アンモニアや清掃洗剤に強いことや、耐用年数が長いタイプだと、コスパの高さが得られます。特に臭いは付きやすいですが、対策をしていると使用を続けても不快感が少ないです。
床のトイレリフォームで、クッションフロアは多く使用されています。値段が抑え目な点だけでなく、施工も簡単です。専門業者によっては、遮音性やキズ対策を施しているものもあります。

■床をトイレリフォームする際の注意点

一方、床のトイレリフォームをする場合、材質選び以外にも欠かせないポイントがあります。
トイレのドアは現在外開きが主流ですが、古い住宅の場合内開きのドアを使用しているところもあります。床の高低差をなくすことでスリッパなどが障害物となる可能性があるので注意が必要です。
ユニットバスなどで排水口を設置するにあたっては、使用頻度が少ないと下水の臭いが発生します。定期的な清掃を要しますので専門業者と相談のうえ決めると良いでしょう。

■まとめ
タンクレスタイプに変更するのであれば、床も同時にリフォームするのがおすすめです。設計についても、専門業者に相談しながらライフスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ