和式からタンクレスタイプなどへトイレリフォームする場合

和式からタンクレスタイプなどへトイレリフォームをする際のポイントがあります。それぞれのメリットとデメリットを確認したうえで信頼できる専門業者に依頼をしましょう。そうすることで、コスパの高い施工が実現します。

■和式はデメリットばかりなのか

特に高齢者ならば、和式では足腰に負担が掛かり、しゃがむだけでも労力を要します。また、人によっては洋式が良いと考える場合もあります。そのため、タンクレスタイプなどの洋式へとトイレリフォームを考える方もいます。
和式は便器に直接肌が触れないため、衛生面でメリットがあります。一方、ふらついて転倒をしてしまう可能性も増し、つまりが発生しやすい構造です。そのため、現在は洋式に交換する家庭が多くなっています。

■洋式にトイレリフォームをする場合の施工の流れ

和式から洋式へトイレリフォームを行うと、大がかりな作業となります。既存の便器を撤去して、配管工事を行います。また、トイレ室内全体を洋式の構造に合わせなければなりません。その分日数を要して、トイレリフォーム期間中はトイレの使用ができません。専門業者に施工の流れ、期間中の注意するべきことを確認することが必要です。
また、要介護者がいる家庭では、自治体によっては補助金が受けられます。

■まとめ
和式からタンクレスタイプなどの洋式にトイレリフォームをすることで、快適さや安全性を増すことが見込めます。信頼できる専門業者に相談したうえで、ライフスタイルに合ったトイレにリフォームすると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ