汲み取りから水洗タイプへ賢くトイレリフォームをする

汲み取り式タイプを使用している家庭で、タンクレスタイプなどの水洗タイプ変更する場合、便槽を取り除いたり、下水管との接続工事や浄化槽の設置工事が必要となりますので、技術力に優れた専門業者選びが肝心です。自分でも情報収集を行っておくと、上手なトイレリフォームが実現します。

■新しくトイレリフォームをする場合

新たに水洗にトイレリフォームをする際、近年では洋式が主流となっています。
汲み取り式であれば、便器だけでなく床も一緒にトイレリフォームすることになります。大がかりなリフォームとなりますので、費用もある程度かかります。専門業者に依頼する場合、現地調査をしてもらい、そのうえで施工の流れを確認すると良いでしょう。もし利用できる補助金や助成金があれば、それらを申請することで費用負担を抑えられる可能性があります。

■汲み取り式から洋式水洗に変える際の注意点

汲み取り式からタンクレスタイプなどの洋式水洗に変える際に、ポイントがあります。
家屋の構造や下水の配管の状態によっては、トイレリフォームができません。浄化槽を埋める場所がなかったり、配管やケーブルの接続が困難な場合もあります。予め専門業者に、建物診断を受けるなどを行ってください。


■まとめ
汲み取り式タイプから、タンクレスタイプをはじめ水洗タイプへトイレリフォームをする場合、大規模な工事となることもあります。専門業者選びはもちろん、自治体から補助金を受けられるかチェックするなどして、賢くリフォームしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ